1. TOP
  2. シンガポール動物園の楽しみ方のコツはマップ活用

シンガポール動物園の楽しみ方のコツはマップ活用

観光
この記事は約 5 分で読めます。 816 Views

シンガポール観光として1番人気はやっぱりナイトサファリだと思いますが、そのお隣にあるシンガポール動物園も実はオススメスポットなのです!最近オープンしたリバーサファリやナイトサファリも、シンガポール動物園と同じエリアにあります。シンガポールの自然や動物を思いっきり楽しみたい方は、丸1日かけて3パークを同時に回ることも可能だと思います。

まずは、入り口でマップを入手し、動物の餌やり時間(Animal Feeding Programme)とショーの時間をチェックしましょう。また、動物と一緒に写真が撮れる時間(Animal Snapshotos)もありますので、併せてチェックしてみてください。

餌やり時間
image
image

ショーの時間
image

写真が撮れる時間
image

シンガポール動物園はとーーーっても広いので全ての動物を見ようと思うと丸1日かかってしまいます。見たい動物を絞って回ることをおすすめします。また、園内には5$で乗り放題になるトラムも走っていますので活用してみてもいいかもしれません。トラムチケットはチケット売り場の他に、園内の各トラム乗り場でも買うことができます。

image

南国の動物園らしく、入り口からすでにジャングルのような景色です。木が茂ったゾーンを抜けると2匹のホワイトタイガーに出会えます。このホワイトタイガー達、割と高確率で歩き回ったり、水遊びしたり活発に動いている姿が見られるのでおすすめです。

image

シンガポール動物園では、動物と人間との間に柵や檻がほとんどありません。動物の住居もコンクリート製ではなく自然の状態なので、野生に近い動物の姿を見ることができます。 ホワイトタイガーの次は、シロクマ(Polar Bear)を覗き見しましょう。 想像以上に大きいシロクマが見られて迫力満点です!

そして、シロクマから少し歩いたところで上空を見上げると、ロープが張られた木の上にオラウータンの家が見られます。

image

ここはぜひ写真撮影時間(Animal Snapshots)にカメラを持って訪れてください。無料でオラウータンと並んで写真が撮れますよ!

次は猛獣ゾーン、WILD AFRICAを目指します。まるでサバンナを探検しているかのように、手の届きそうな距離で様々な動物が見られます。サイやシマウマ、ハイエナ、チーター、イノシシが道の両脇に並んでいます。

image

そしてキリン(Giraffe)ゾーン。
image

こちらもぜひ餌やり時間に来てください。5$の餌代で餌やりと、手持ちのカメラでの写真撮影ができます。お釣りはもらえないので2$札、5$札を用意しておくと良いと思います。餌やりの列に並んでカゴに入った人参を受け取ります。人参を差し出すと、キリンがにゅるっと舌を伸ばして食べてくれますが、間近で見るキリンはちょっと怖かったです。スタッフにカメラを渡すと写真も撮ってもらえますよ。餌やりをしない場合でも、列の反対側から間近でキリンが見られます。

シンガポール動物園では驚いたことに、園内では柵なしでリスや小猿が放し飼いにされており、木々の間に巣が隠れていたりします。歩いていると、足元をリスが横切ったり、木に登っていたりとっても可愛いんです。

そして最後に像のショーが開催されるElephants of Asiaゾーンを目指します。
image
ここでは1日に2回のショーが開催され、ショーの後は餌やりと写真撮影の時間になっています。キリンの餌やりと同じように5$の餌代を払い、カゴに入ったフルーツを貰います。

以上に挙げた以外にも、日本ではなかなか見られない動物がシンガポール動物園にはたくさんいます。動物が木の陰に隠れて、パッと見ではわかりづらかったり、遊歩道の真上の木にオラウータンがいたり、動物を探しながら歩くのも本物のジャングルを探検しているようでワクワクしますよ。

食事、軽食

パーク内中央には「Ah Meng」という、3店舗ほどレストランが連なった休憩スペースがあります。ヌードルなどシンガポールフードも用意されています。また、多くはないですが園内の各所に2$で買える自販機コーナーがあります。ただし、テーマパーク価格ということで食事はそれほど安くはありません。パンやスナックなど傷みにくい食べ物を用意していくと良いかと思います!

チケット

シンガポール動物園の入園チケットは33$です。入り口のチケットカウンターにて購入できます。また、他にナイトサファリやリバーサファリとセットになった2パークチケットも販売されています。価格はシンガポール動物園とナイトサファリで59$、シンガポール動物園とリバーサファリで49$です。シンガポール動物園のウェブサイトからオンラインでチケットを購入すると、割引のサービスもあるようですので、確認あいてみるといいかもしれません。

アクセス方法

シンガポール動物園は都会から少し離れたところにあります。アクセス方法は、タクシー、シャトルバス、MRT(地下鉄)とバスの3通りがあります。

タクシーの場合

オーチャード周辺からシンガポール動物園へはタクシーで30分弱、20〜30$ほどで行けます。シンガポールのタクシーは比較的安全だと思います(私はシンガポールでタクシーのぼったくりに出会ったことがありません)。 グループで行く場合はタクシーがオススメです。 ただし、ほとんどのタクシーは支払いが現金だけになるので現金の用意をお忘れなく。

シャトルバス

少人数の場合は、SAFARI GATEというシャトルバスの利用がおすすめです。片道7$、往復12$でシティ周辺からパークまで運んでくれます。またパークチケットがセットになったお得なチケットもあるようです。時刻表や停留場所は、SAFARI GATEのページでご確認ください。
SAFARI GATE

電車MRTとバス

交通費はもっと安く抑えたいわ!という方は、MRTと路線バスを利用することができます。赤のMRT路線 Ang Mo Kio駅まで行き、駅直結のバスターミナルで138番のバスに乗ります。バスは乗車時に現金で運賃を支払うか、MRTのICカードが使えます。「S’pore Zoo」のバス停で降りると、徒歩1分でシンガポール動物園、徒歩2分でリバーサファリ、徒歩4分でナイトサファリに辿り着けます。

image

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール観光のコツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール観光のコツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomatomatomato

この人が書いた記事  記事一覧

  • シンガポール発のティラミスヒーロー

  • パイナップルタルト人気店 LE Cafe

  • 日清カップヌードルチップス

  • プラナカンタイルが楽しめるプラナカンカフェ 崇文閣カフェ

関連記事

  • シンガポールの離島 大自然の残るウビン島

  • 個性的でオシャレなアラブストリート、ハジレーン

  • シンガポール リトルインディア

  • シンガポールズー(動物園)

  • シンガポールで旧正月

  • シンガポールフライヤー