1. TOP
  2. チャイナタウンの人気グルメ 小籠包の京華小吃(ジンホア)

チャイナタウンの人気グルメ 小籠包の京華小吃(ジンホア)


この記事は約 4 分で読めます。 330 Views

中秋節で賑わうチャイナタウンを抜けて、日本人観光客に人気の小籠包と餃子レストラン 「京華小吃(ジンホア)」に行ってみました!

アクセス

お店はチャイナタウン中心地から少し離れたところにあります。MRT Chinatown駅とOutran Park駅のちょうど中間にあり、それぞれ徒歩15分くらいです。Chinatown駅を降りて向かうと、チャイナタウン繁華街の雰囲気も感じられるのでおすすめです。途中の大通り沿いには、エッグタルトで有名な東興も見つけられます。

現在はNail Roadが工事中のため、少し見つけづらいかもしれません。店舗が並んだ白い長屋のような建物の1階にあります。白い建物と工事用フェンスの間を抜けて辿り着きました。

image

店内に入ると店員さんがテーブルまで案内してくれます。やはり日本人に人気なようで、店内にはちらほら日本人グループがいました。ここは常時混んでいると聞いていましたが、土曜日の夜8時に訪れて半席ほどが埋まっている状態。昼間の方が混むのでしょうか。

image

店内はとっても綺麗です。テーブルに着くとすぐに店員さんが中国茶を入れてくれ、小皿に乗ったピーナッツを持ってきてくれます。シンガポールでは珍しく、おしぼりもテーブルに並べられていました。日本のようなサービスの良さにびっくりしましたが、しかし、これらは全てお会計に追加されています。中国茶は1人1$、ピーナッツは1$、おしぼりは1つ0.3$です。たいした金額ではないのですが、サービスだと勘違いしたままお会計に挑むと少しがっかりした気分になります。(試したことはないですが、中国茶は「No need」(ノーニー)と言えば断れそう。「Free(無料)ですか?」と聞いてみるのもアリかもしれません。)

メニュー

さて、注文ですが、メニューを見て自分で紙に書いてオーダーするシステムです。後から口頭で追加注文もできます。

image

メニューにも日本語が書いてあるので安心ですね。人気はやはり焼き餃子と、小籠包。焼き餃子は10個で9$、小籠包は7個で8$です。

image

焼き餃子は、一部が皮に包まれていないタイプ。ひとつひとつがボリューミーで、皮がしっかりと厚めです。皮で包まれていないのに、中のひき肉が柔らかくてジューシー。

image

小籠包は少し小ぶりなイメージですが、肉汁はたっぷり。この肉汁、甘みがあってとても美味しい!!某台湾系レストランの小籠包も美味しいのですが、こちらの方が脂の甘みが強い気がします。そして安い。

image

個人的なおすすめは、ゆで餃子(10個で9$)です。焼き餃子や小籠包と同じ小麦粉とひき肉で作られているのに、それらとはまた別の味わいが楽しめます。外がぷりぷりで中はとってもジューシー。小籠包よりも甘すぎないのでたくさん食べられます。日本ではなかなか食べられない中国風のゆで餃子、小籠包や焼き餃子と食べ比べてみてはいかがでしょうか?

全体的に日本人好みの味だという印象を受けました。薬草や唐辛子の強い主張がなく、旅行で食べ疲れた胃にも優しく感じます。シンガポールではどこに行っても店員さんは無愛想ですが、サービスが悪いわけではないので、勇気をだして色々とお願いしてみます。追加の取り皿を頼むとすぐ持ってきてくれました。シンガポール人は基本的に無愛想ですがとても優しく面倒見がいい印象です。

値段

image
2人でお腹いっぱい食べて、瓶ビールも飲んで59$でした。参考までにレシートを載せておきますね。

格安で小籠包をお腹いっぱい食べられてとっても満足!人気の理由に納得です。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール観光のコツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール観光のコツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomatomatomato

この人が書いた記事  記事一覧

  • シンガポール発のティラミスヒーロー

  • パイナップルタルト人気店 LE Cafe

  • 日清カップヌードルチップス

  • プラナカンタイルが楽しめるプラナカンカフェ 崇文閣カフェ

関連記事

  • シンガポールの変わった観光 ゲイラン(Geylang)地区

  • エッグタルトの老舗 東興

  • カヤトースト食べ比べ

  • 個性的でオシャレなアラブストリート、ハジレーン

  • パイナップルタルト人気店 LE Cafe

  • プラナカンタイルが楽しめるプラナカンカフェ 崇文閣カフェ