1. TOP
  2. アクセス抜群のプラナカンハウス

アクセス抜群のプラナカンハウス

おみやげ 文化/習慣 観光
この記事は約 3 分で読めます。 391 Views

カラフルで可愛いらしいプラナカンハウスを観光してきました。

image

プラナカンとは、15世紀末にシンガポールやマレーシアにやって来て、西洋文化を取り入れた中華系移民の子孫を指します。シンガポールでは建築物や食事、食器や服装などでプラナカン文化に触れることができます。

シンガポールではカトン地区のプラナカンハウスが有名ですが、MRTとバスを乗り継いで行かねばならず、なかなかハードルが高いのです。今回はオーチャードやサマセットからアクセス抜群のプラナカンハウスを訪れました。観光ガイドにもあまり載っておらず、混み合わないのでオススメですよ!

アクセス

image
MRT サマセット駅から、オーチャードロード側の出口を出ると、オーチャードロードを挟んで目の前に赤いビックリマークの付いたシンガポールビジターセンターが見えます。このビジターセンターとカフェの間の狭い路地(エメラルドヒルストリート)の両側にプラナカンハウスが並んでいます。エメラルドヒルストリートは細い通りで、少しわかりずらいためシンガポールビジターセンターを目指して行くのが良いかと思います。

プラナカンハウス

丘の上の方までプラナカン様式の建物がずらりと並びます。プラナカン独特のこの可愛いらしいデザインに心ときめきます。

image
カラフルでどこを切り取っても絵になります。玄関前に並んだ椅子は、ご近所の方とのお喋りの場になるのでしょうか。暑いシンガポールですが、日陰に入ると風が心地いいです。

image
壁や床のタイルも独特で可愛らしいです。プラナカンハウスのほとんどは住居となっているそうなので、観光の際は住民の方のご迷惑にならないようお気をつけください。土日に訪れると窓を開け放しているお宅が多く、内側もちらっと覗けるそうですよ。

隠れ家ショップ

エメラルドヒルストリートを訪れる際のおすすめが、こちらの中国茶専門店 「TEA BONE ZEN MIND」 です。外側には一切の看板を出していない、知る人ぞ知るお店です。

image
玄関には番地を示す「98」の数字だけが刻まれています。玄関の監視カメラ付のチャイムを鳴らすと、店員さんが迎え入れてくれます。

image
「座っててね」と促され、奥のソファに座るとテイスティング用の中国茶とお菓子を出してもらえます。ジュースのようなフルーティなパイナップルティーを頂きました。この時は甘いシロップ入りで、ほどよい甘さがとても美味しかったです。

image
ティーバックと量り売りの両方があるそうです。ティーバックは12個入りで24$です。1番人気はライチ烏龍茶だそうです。

image
こちらの棚は量り売り用の茶葉です。気になるお茶が見つかれば、その場でテイスティングすることができます。他には要予約ですが、中国茶のテイスティングセット50$もあり、2階の個室に案内していただけるそうです。

image
2階や3階には畳敷きの個室などもあり、見学させてもらえました。

image
中央には水槽と吹き抜けがあり、外側からは想像できないとても素敵な空間でした。普段はなかなか入ることのできない、プラナカンハウスの内側も見学できるのでとってもおすすめです。

オーチャードやサマセットでのお買い物のついでに、シンガポールの歴史ある文化に触れてみるのはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール観光のコツの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール観光のコツの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomatomatomato

この人が書いた記事  記事一覧

  • シンガポール発のティラミスヒーロー

  • パイナップルタルト人気店 LE Cafe

  • 日清カップヌードルチップス

  • プラナカンタイルが楽しめるプラナカンカフェ 崇文閣カフェ

関連記事

  • シンガポールで一番高い所にあるバー 1altitude

  • エッグタルトの老舗 東興

  • シンガポール リトルインディア

  • マリーナベイサンズ MBS

  • L’Espressoのアフタヌーンティー

  • シンガポールの屋台(ホーカー)を食べてみよう!